介護というのは、ある日急に始まることが多いもの。
いざというときに困らないよう、押さえておきたい介護の「ツボ」をご紹介します。
今、介護を行っている人にとっても役に立つ情報がいっぱいなので、ぜひご覧ください。

デイサービスより

グループホームより

ー自身の介護体験からー

マインズ代表・堀田勝市は、母親の認知症発病後、手探りの介護を行いました。 その後、介護保険制度の開始を期に、多くの在宅サービスを利用するも、家族として「どうして」との疑問と不安を感じる現実に直面しました。
家では食事を全部食べる母親が、在宅サービス利用時の記録には二割三割の食事摂取と書いてあり、病気ではないかと心配しました。しかし現実は、施設の食事時間内にそれだけしか摂取できていないためとわかりました。 また、パジャマを持たせたにもかかわらず使用されずに戻ってきたりと、心配ごとの多い日々を過ごしました。 こうした経験から、マインズでは、「利用者や家族の視点から安心できる介護サービスの提供を」との理念を掲げ、職員全員への浸透に努めております。

デイサービス(通所介護)は、日帰りで、食事や入浴などの日常生活の介護や機能訓練などを受けることができる介護サービスです。送迎車をご用意していますので、送り迎えの心配もございません。また、カラオケやレクリエーションなど、ワクワクするようなプログラムもご用意しております。

グループホームとは、認知高齢者の方を対象に少人数で専門スタッフによる介護や機能訓練、レクリエーションなどが受けられるサービスです。家庭的な雰囲気の中で、「ご本人の能力に応じて、自立した生活を営むことができる」ように援助させていただきます。

ご自分らしく、穏やかに、安心して在宅生活が続けられるよう、お手伝いさせていただきます。居宅介護支援事業所では ケアマネージャーが、ケアプランの作成、 介護サービスについての相談をお受けします。こんな時、 ケアマネージャーの深田までご相談下さい。

Instagram
Facebook